ひろしまSOHO博'05 トークショー
トークショー 「新ビジネス&キャラクター誕生の仕掛け」
11/16(水)12:00〜13:45 ※予定
 


一見、ふつうの女の子?
でも、その頭の中には、柔軟なアイデアと、チャンスを引き寄せる力がある。
300億円を売上げた「たれぱんだ」そして大人向けファンシー商品「ぴよだまり」の作者 すえまさひかるさんと、札幌のクリエーターを世界と結ぶ、メディアプロデューサーの久保俊哉さんが、新たな市場の開拓に向けたキャラクタービジネスの舞台裏を語ります。
ライセンスや著作権について、また、インターネットでの自主コンテンツ(オリジナルコンテンツ)の可能性についてなど幅広いお話をじっくりお聞かせいただきます。

 
すえまさ ひかる女史 【ゲスト】すえまさひかる女史/「たれぱんだ」作者(東京)
  (株)てててん 社長 すえまさ ひかる

一世を風靡した大ヒットファンシーキャラクター「たれぱんだ」の作者。
癒し系、脱力系キャラクターとして300億円を売上げた「たれぱんだ」に続き、「ぴよだまり」などを次々に発表、大人向けファンシーという新しい市場を開拓している。現在は(株)てててん(手作りの思いを込めた手手展に由来)を設立して独立。国内外に向け、ライセンシー(著作権)ビジネスを展開している。
  ぴよだまり

久保 俊哉 氏 【ゲスト】久保 俊哉 氏/メディアプロデューサー(札幌)
  1957年9月9日 小樽生まれ
(有)マーヴェリック・クリエイティブ・ワークス
(代表取締役 プロデューサー)
インタークロス・クリエイティブ・センター
(チーフコーディネーター)
eシルクロード親善大使
  日本大学芸術学部放送学科卒業後、広告代理店、ゲーム会社、CGプロダクションを経て1998年4月、独立。ショートショート・フィルムフェスティバル実行委員プロデューサー。
英国で始まった「onedotzero(ワンドットゼロ)」などの映像祭も札幌でプロデュース。マーケティング+コンピュータ+エンターテインメントを得意分野とする。"Little Terra Project"(1997-2000)ではキャラクターライセンスビジネスを展開。"Little Terra"の作者Wilson Tang(ILM)のエージェント&パーソナルマネージャー。2005年、英国ロストインスペース社と業務提携。海外とのネットワーク強化をはかる。
現在、新しいクリエイティブの国際的教育機関「puroject esin」を研究・開発中。2005年より、札幌市が進める産業交流プロジェクト”eシルクロード親善大使”も務める。